犬の薬|犬の医薬品・ジェネリック薬は、個人輸入サイトで通販

犬の薬 飲ませ方

犬の薬、飲ませ方

病気になってしまうと、薬を飲ませないといけませんが、においに敏感な犬のばあいには、くすりが気になって食事に混ぜても食べてくれなかったりすることがあります。

 

犬の薬の飲ませ方は、飼い主さんがお困りの問題です。飲んでくれる犬ならいいのですが、敏感に薬のアリかを察知して、普通にえさに混ぜる程度では絶対に飲まない犬もいます。

 

獣医さんに教えてもらった犬の薬の飲ませ方ですが、まず、大きく口を開けさせます。口の奥に薬を入れます。そのまま、口を両手で開けられないようにして押さえておきます。しばらくすると、くすりを飲み込むということのようです。

 

なんだか、無理やりで心が痛む感じもしますが、こうでもしないと薬を飲んでくれませんものね。

 

また、細かく砕いてえさに混ぜるなどでもダメな場合は、薬を水に溶かして、その水をパンに浸してえさを与える方法もあります。これは、においに敏感なワンちゃんの場合には、うまくいかないこともあるようです。

 

他にも、鵜摺木肉で薬をぐるぐる巻きにして、与えてみるのもいいでしょう。鉱物なものと嫌いなものが合わさった時に、鉱物を食べたい気持ちが大きくなると、食べてくれるようです。

 

犬の薬の飲ませ方は、犬の個性にそれぞれありますが、病気を治すためには、心を鬼にする必要があるのでしょうね。